本文へスキップ

京口カウンセリングセンターはこころに関することを専門とするサポート機関です。

TEL. 079-222-3148

〒670-0851 兵庫県姫路市京口町105番地

京口カウンセリングセンター案内SERVICE&PRODUCTS

京口カウンセリングセンタービル

○○○○○○○○イメージ

「老若男女が集まる京口カウンセリングセンター」

最初は、子どものために居場所・活動場所を作りたいという親の切実な願いが始まりで厚志を募って出来上がったビルです。
しかし、子どもだけでなく、若者・成人・老人も居場所、サポートを必要としている方々の多いことも同時に強く感じます。
次第に、センターを必要としてくれる人たちが集まりだしました。
「人を信じ、友を愛し、夢を生きる」そんな豊かなこころを蘇らせるために京口カウンセリングセンターは歩んできています。


○○○○○○○○イメージ

「最初の出会いから関係は始まっています」

完全予約制ですので、他の利用者様への気遣いが少なくなっています。
心地よい音楽が流れ、ソフトドリンクなどを飲みながらお待ちいただくこともできます。
面接が終わっても、余韻や、面接の反芻や、単にくつろいで時間を過ごす方もおられます。                                     また、顔見知りになってお互い語らいをしている光景も目にします。
日常に疲れることの多い現代です。
少しでもエネルギーをためていただければと願います。


各階紹介

○○○○○○○○イメージ

1F

     

専門スタッフによる学習ルーム/スタッフルーム

多目的ルームは、学習室として主に使っています。
また小さな会合、イベント等に使っています。
スタッフルームでは、日々かかわりの向上をめざし研鑽を重ねています。


○○○○○○○○イメージ

「2F」

京口カウンセリングルーム

     

臨床心理士が中心となって、幼児から大人にいたるまで、「こころ」に関する様々な悩みに、それぞれの方々の状況・状態に応じて各種心理療法を用いてサポートをしています。
まだまだ長い人生です、日常を離れて、一緒にゆっくり、じっくりご自分について考え感じてみる時間をとることも大事だと思います。

ゆっくりお話を聞くため、それぞれ趣のある部屋を配置しています。


     ○○○○○○○○イメージ ○○○○○○○○イメージ      

リラクゼーションルーム

     

ストレスの多い現代です。              ストレスチェックを行ない、その状態に応じて「脊椎セラピー」を施すサポートを行なっています。       こころと身体の関係を良好にするためのもので、見て自分の状態を理解でき、身体で実感でき、わかりやすいので利用者の方に好評です。


○○○○○○○○イメージ

「3F」

NPO法人京口スコラ₍フリースクールとしても機能₎

     

所属する居場所として、学習する場として、さまざまなイベント・体験を通じて、自分を育てる場として、友人ができる場として、機能しています。               皆と一緒にいる部屋や、疲れたらひとりでゆっくりできる部屋、バンド練習ができる防音設備のある部屋、話したりゲームをしたり料理を作ったりいろいろな活動をするための基地です。

合宿もできる設備が整っています。


○○○○○○○○イメージ

「4F」

多目的ホール/多目的ルーム

     

多目的ホールは、さまざまなイベントや会合、屋内活動をするために使っています。
その隣にある多目的ルームは静かで集中できる環境を利用して、担当スタッフがマン・ツー・マンで学習をサポートしています。


○○○○○○○○イメージ

「5F」

学校法人ルーム・イクノ/屋上

     

朝来市生野町に不登校を現象とする子どもたちが集う学校として平成元年に全国初でスタートした全寮制の「学校法人生野学園」があります。
ルーム・イクノは、そのアンテナスペースとして機能しています。

屋上からは、姫路城をはじめ市内が見渡せ、天気の良い日は瀬戸内海も望めます。
会食もできるようになっています。


○○○○○○○○イメージ



「姫路市五郎衛門町」

就労継続支援B型「道助」~mitisuke

     

センターより北西徒歩20分程度の閑静な住宅街の中にあります。
社会に出るために活動をしようとする若者のために、さまざまなプログラムを用意してサポートをしています。


バナースペース

京口カウンセリングセンター

〒670-0851
兵庫県姫路市京口町105番地

TEL 079-222-3148
FAX 079-281-1630